渡す際のお歳暮のマナー

渡す際のお歳暮のマナー

お歳暮は12月上旬から12月20頃までに、日頃お世話になっている方に対して感謝の気持ちを伝えたり、これからもよろしくお願いしますという気持ちを込めて様々な品物を送る、日本に古くからある行事です。近年はお歳暮を贈る機会も減ってきましたが、それでも感謝の気持ちを込めて毎年多くの人が行っていますが、送る際にも正式なマナーがありますので、しっかりと理解しておきましょう。


近年では遠方に住んでいたり、忙しいなどの理由から宅配便で送るケースも増えてきましたが、本来であれば自宅に持参して贈るのが正式なマナーになります。

その場合、自宅に伺う時間帯に注意が必要です。

早朝や食事の時間帯は避けた方が良いでしょう。

具体的な時間は午前10時から11時の間、もしくは午後14時から16時の間に伺うと良いでしょう。
自宅に直接持参する場合の流れですが、まず最初に挨拶をしたら風呂敷に包んだ品物を取り出してから、のしが相手から読める方向に持ち直して両手で渡しましょう。



もしもデパートやお店の紙袋で持参する場合も同様に、紙袋から取り出して表書きが相手の方向から読めるように持ち直して両手で渡します。


近年は宅配便で送る方も増えていますが、その場合には送り状を郵送するのが正式なマナーになります。



送り状は品物と一緒に送るか、送り状が品物よりも早く届くように送ると良いでしょう。

送り状の内容には日頃の感謝やお歳暮を贈ったことを明確に記載しましょう。



このようにお歳暮を贈るだけでも様々なマナーがありますので、しっかりと身に付けて大切に贈るようにしてください。

Copyright (C) 2016 渡す際のお歳暮のマナー All Rights Reserved.