意外と知られていないお歳暮のマナー

意外と知られていないお歳暮のマナー

年末になると、親や会社の上司、親戚などにお歳暮を贈らなければと考える人が多くなります。

そもそもお歳暮という風習は、従来、嫁いだり分家した人が新年に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を本家に持って行くという行事から始まりました。



それで、毎年、年の暮れにお世話になった人に贈り物を持参してまわる習慣が根付き、これが現代に至っているのです。お歳暮は日本の文化にとって切っても切れないものですが、意外と知らないマナーがあります。
まず、お歳暮は基本的に12月初旬から20日前後に相手に贈らなければいけないということです。

その理由は、年末の慌ただしい時期に贈り物をすると先方に迷惑になってしまうこと、それと年末は先方が旅行や実家への里帰りなどで不在になる可能性があるからです。

ですから、遅くても12月25日までには届くようにすることが大切です。
もしも年内に贈れなかった場合は、1月6日頃までに「御年賀」としてお世話になった感謝の気持ちを込めて贈るといいです。
もう1つ忘れてはいけないマナーが、上司など目上の人の場合、「踏みつける」という意味がある履物や靴下を贈ることは厳禁であることです。

さらに、カバンや時計など仕事を連想させる物、商品券なども目下の人が贈ることも失礼だとされています。



したがって、目上の人の場合は、相手が好きな食品などを選んで贈るのが無難といえます。

このようにいろいろなマナーがあるので、失礼がないように注意を払う事が大事です。



Copyright (C) 2016 意外と知られていないお歳暮のマナー All Rights Reserved.