お歳暮のお返しについて

お歳暮のお返しについて

年末の時期にお歳暮として、何か品物をもらった場合に、お返しをすべきかどうかについてですが、基本的にはその必要はないといえます。お歳暮はこれまでに世話になったことに対しての感謝の意味を込めて贈るものであり、一般的にいって、その相手は贈る側からすれば、目上の関係になることが多いためです。



しかし、最近では、かならずしも目上に対してということではなく、職場の同僚や大学時代の友達など、対等な関係の場合もあるようです。



この場合であれば、お返しとして何か別の品物を相手に届けるとしても、特に問題はないとみられます。



ただし、相手よりも高額な品物にする必要はなく、相手からもらったものと、金額的につりあう程度のものか、または半返し程度であっても、差し支えはありません。

お歳暮をもらったことに対しては、品物としてのお返しをするのではなく、たとえば手紙、はがきなどを通じて、もらったことに対しての感謝を述べるといった、言葉でのやりとりのほうが、むしろふさわしいといえます。

郵送などの場合には、相手のほうでも、無事に品物が届いたことがわかりますし、お歳暮についての意図が伝わっていることがわかれば安心するものです。

ある程度親しい間柄であれば、品物が届いてから電話で謝意を伝えることでもかまいません。


いずれにしても、最近は直接手渡すよりも、百貨店から郵送などのパターンが増えてきていますので、あいさつ状や電話などでのフォローは必要なことです。

Copyright (C) 2016 お歳暮のお返しについて All Rights Reserved.