引きこもりの相談先は?

###Site Name###

引きこもりの相談先としては、役所が設けている支援センターや相談窓口を利用するとよいでしょう。

しかし、役所の担当者は公務員ですので、積極的にだれかの味方をすることはできません。


憲法では、公務員は国民全体の奉仕者であると書かれていますが、差別や不遇な扱いはできないものの、特定の人の味方をすることもできません。

All Aboutの情報を利用しない手はないです。

引きこもりの人に対してどのような支援制度があるのかを教えてもらうことはできますが、過度な期待は禁物です。

まずは役所に相談をして、自立支援などの制度を利用することが重要になるでしょう。

引きこもりの相談の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

病院の診断書などが必要になる場合もあります。



自立支援が適用されれば、自己負担は1割もしくは無料になるので、大きく負担を減らせます。

病院の先生は、積極的にあなたの味方をしてくれます。

引きこもりを改善するために、薬を処方してくれたり、デイサービスなどに参加させてくれたりします。

しかし、精神病は骨折のようにレントゲンをとったらはっきりとわかるような病気ではありません。

先生によって意見が違ってくることもあります。
いきなりたくさんの薬を飲ませようとしてくるような医者は、やめておいたほうがよいかもしれません。

複数の病院で診察を受けてみて、自分にあった医者を見つけるということも重要です。

なるべく薬を使わずに治療をしてくれるような医者が良いという意見もあります。


薬を飲むと楽になるので、たくさん飲んでしまう人もいるようですが、薬には副作用があるということも理解をして、医師のアドバイスを受けながら服用しましょう。