お歳暮は贈るときにも気配りが大切

お歳暮は贈るときにも気配りが大切

お歳暮と言えば昔から日本に伝わる行事で、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えたり、これからもよろしくお願いしますという気持ちを伝えるもので、12月の上旬から12月20日ごろに行われるのが一般的です。近年はお歳暮を贈る習慣も少なくなりましたが、それでも毎年多くの方が行う日本の伝統行事でもあります。


そんなお歳暮ですが、贈る際の正しいマナーというものが存在していますので、しっかりと理解した上で贈るようにしてください。
まず正式なマナーとしては品物を風呂敷に包み、相手のお宅に出向いて直接手渡しで渡すのがマナーですが、近年は遠方に住んでいたり忙しいなどの理由から宅配便で送るというケースも増えていますので、それでも問題ないでしょう。



ただ、やはり手渡しできるのであれば直接持参して渡すようにしてください。



その場合には訪問する時間帯に注意しましょう。

早朝や食事をしている時間帯は避けた方が良いので、午前10時から11時の間かもしくは午後14時から16時の間に持っていくと良いでしょう。

相手のお宅に訪問したら挨拶をして、品物を風呂敷から取り出しましょう。



そして取り出した品物はのしが相手から読める方向にした上で両手で渡してください。もしもデパートやお店の紙袋に入れて持参する場合には、同様に紙袋から取り出したら表書きが相手から読めるようにした上で両手でしっかりと渡しましょう。

宅配便にて贈る場合には、日頃の感謝の言葉やお歳暮を贈ったという旨を書いた送り状を郵送する必要があります。
送り状は品物と同封するか、もしくは品物が届く前に送り状が届くようにしてください。

このように贈る際にも様々な気配りが必要になるので、相手のことを想いながらお歳暮を贈る準備を進めてください。

Copyright (C) 2016 お歳暮は贈るときにも気配りが大切 All Rights Reserved.