お歳暮は人が集まる家かどうかも考える

お歳暮は人が集まる家かどうかも考える

お歳暮が送られてくれば大抵の人は喜ぶものです。
ですが品物によってはありがたいけれど困ってしまうものというのもあるものです。
冷凍のものであればあまりの幅を取るものや大きなものだと冷凍庫に入らないこともありますし、少人数の家庭であれば食べきれないことというのもあるでしょう。

特にお肉や海鮮類の冷凍であればいったん解凍してしまうとすべて食べきらなければいけないので、大人数の家庭でないと困ってしまうこともあるものです。



ですから年末親戚などが集まって食べることを想定して送るなら良いですが、そうでないのであれば冷凍でも小分けして好きな分だけ解凍できるものを選びましょう。

また、お歳暮として自分の実家に贈って、年末帰省した時に自分達と一緒に食べるというのも良いです。



帰省時の手荷物を減らすことにもなりますし、先にご馳走を送っておくことで実家に行く楽しみというのもできるでしょう。
年末多くの人が集まる実家であれば、兄弟でお歳暮を贈ることで食卓も賑やかになります。

また、兄弟がいなかったり、年末でも人が集まらない家であれば食べきれるサイズの高級品でも喜ばれるでしょう。

少人数の家であれば食材を余らせてしまうことが悩みの種になっていることもあるので、量より質の品を選んで贈ってみましょう。



そうすることによって贈られた相手を困らせるようなこともないでしょう。

普段自分では買って食べないような高級品を選んで贈ってみると良いです。

Copyright (C) 2016 お歳暮は人が集まる家かどうかも考える All Rights Reserved.