ご存知ですか?お歳暮を贈るマナー

ご存知ですか?お歳暮を贈るマナー

お歳暮を贈るには、いくつかの気をつけたいマナーがあるのをご存知ですか?贈る時期や贈り方にはいくつかのマナーがあります。

まず贈る時期ですが、東日本で11月下旬から12月20日前後迄、西日本では12月13日から20日前後となっています。

お中元とお歳暮はセットで贈るのが一般的と言われていますが、両方送らねばならないかと言えばそうではなく、片方だけ贈るならば、一年の感謝の意味も込めてお歳暮だけ贈るだけでも失礼にはなりません。



一年の締めくくりの意味もあって、歳暮のほうが重視される傾向にあります。

そのせいかお中元と比べると若干お歳暮のほうが、若干高めの品物を送る傾向にあります。



相手に感謝の意味を込めてする贈り物ですから、相手の家族構成や好み等もある程度把握した贈り物をする必要があります。

例えば「お酒が飲めないのにワインを贈った」「魚嫌いなのに、煮魚の詰め合わせを贈った」など、飲めない物や嫌いな食べ物を送ってしまったということがないように注意が必要です。



受け取れる日時、相手の状況に合わせた贈り方をするのも、気持ちがいっそう伝わりやすいです。

日中出回ってることが多く忙しい人ならば、日持ちの良い腐敗しにくい酒類やお菓子等を贈るなど、更には日時等も相手に合わせた受取予定日を設定してあげる気遣いも大切です。


相手の心に残る、一年を締めくくるためのお歳暮です。


よく考えて何を贈るか、どのように贈るかを決めましょう。

Copyright (C) 2016 ご存知ですか?お歳暮を贈るマナー All Rights Reserved.