お世話になった方にお歳暮を渡すマナー

お世話になった方にお歳暮を渡すマナー

お歳暮は年末にお世話になった目上の方にお礼の意味を込めて品物を渡すことを言います。

本来はお中元の時期にも贈るのが基本ですが、お歳暮の方が1年の締めくくりの意味で格が上になります。

渡しそびれた場合は、お歳暮だけでも用意すると良いでしょう。


相手に渡す時期は、12月に入ってから大晦日までになりますが、年の暮れはどこの家庭でも忙しいので、中旬までに相手先に持って行くようにしましょう。

配達サービスを頼むのであれば、11月までに依頼すると12月の初旬までには届けてもらえます。

早めに手配すると早期割引が可能な場合もあります。



ただし、年末年始にゆっくりと家族や親族皆で食べられる物を選ぶのであれば、年末ぎりぎりに届けられるように手配するのもお勧めです。

相手が比較的親しい関係であれば、相手の状況や好みも分かるでしょう。



家族が多い世帯や、年末年始に親族が集まるような習慣があれば、皆で食べられるかに等の魚介類やブランド牛のすき焼き用の肉、ブランドのアイスクリームのセットなど、日常生活では購入しづらいワンランク上の高級な食品を贈っても喜ばれます。

ミカンやりんごなどの季節の果物も最適です。



相手が留守がちなお宅であれば、お歳暮を渡すのに時間がかかってしまうことも考えられます。

その場合は、なるべく消費期限が長めの物を選ぶようにしましょう。

海苔や焼き菓子でもいいですし、好みが分かっていれば、ビール等の酒類やコーヒーやお茶などの飲料もお勧めです。
食べ物の好みが分からない場合は、日用品から選ぶといいでしょう。


日常使いが出来る洗剤や柔軟剤、寒い時期に体が温まる入浴剤などが消費できて便利です。相手が困らないように、万人受けする物にしましょう。


洗剤や柔軟剤ならなるべく香りが弱めの物、入浴剤なら色々な種類が入っているセットが向いているでしょう。

Copyright (C) 2016 お世話になった方にお歳暮を渡すマナー All Rights Reserved.